素人フィギュア作成4 手足の作りこみ

1_01.jpg

手足の作りこみ


手方面
足方面

作っていない手と分割した足のディティールアップをします


※作業中写真をあまり撮っていないので説明している作業の真っ最中ではないものが多いですが、イメージが伝わればと思い掲載してあります


手方面



握った手


今回は手の甲を起点にして作りました
台形の板を作ります
粘土を丸めて少し平たくし、指で成形したらほとんど出来上がりです

このパーツから人差し指~小指のブロックを作ります
台形っぽい板を曲げてくっつける感じです
指の線は乾いてきたらヘラで入れました
乾いてからでもヘラでぎゅっと押せば溝を作る事は出来ます
ただ形状によって割れたりする場合もあるので注意が必要です

最後に細く丸めた親指と丸い付け根をくっつけて形を整えたら手が出来ます

4-01.jpg


右手は物を持たせるので握りを緩めた感じに作ります
指パーツを曲げる時にアルミ線を握らせて作り、後から棒ヤスリで穴を整えました
4-02.jpg

別口に棒状に伸ばして真ん中で少し曲げた腕パーツを作り、乾いてから接続しました
運よく繋がりましたが、穴を開けてアルミ線やプラ棒などを使ってつないだ方がやりやすいし後で割れにくいと思います
(一度左手がもげました)




肩と腕の接続部


肩の根本、えぐった部分を少し粘土で埋め、乾き始めたら角プラ棒を押し込んでダボ穴を作りました。
しっかり乾いたら今度、腕側の根本に粘土を付けて押し込み、四角い出っ張りを作りました
接合部の出っ張りの、しかも小さい個所が粘土というのは良くなかったです
最後接着してからポッキリ折れて腕がもげました
(結局その後はアルミ線を挿して接着してみたけれどちょっと怪しい)

後から考えたら
腕パーツにプラ棒で出っ張りを作ってから肩の根本に粘土を入れて押し込むべきでした

4-03.jpg

こんな感じにしたら良かったんだと

なんで出っ張りを作るために穴、なんて逆手順を考えたのか……自分でも謎




足方面


足のディテールアップと接続部


ブーツをはいた足先基準で太さを作ったので、露出している所は削って一回り細くします
左足は少し複雑な形状ですが、単純に装具以外の部分を一回り削りました

後から考えたら
胴の時は後から盛ったのだから左足も素足基準にして出っ張りを盛った方が綺麗に仕上がったかもと思いました


ソックスの釣りひも(?)のボタンは胴と同じように穴を空けて丸プラ棒を差し込む事にしました
ソックスの縦線とブーツの黄色ラインのフチはスパチュラで押し込んで溝を入れました

一通りできたら足パーツの接続部に穴を空け、丸プラ棒を差し込んで出っ張りを作ります
足パーツの分割時にノコ状の刃を使ったので数ミリ削れて短くなっていますがまだそのままにしておきます

この後胴側の接続部に穴を空けて乾きだしたら足パーツを差し込み穴の型を付けていきますが、この時に足が短くなった分、脚を地面につけて、身体を持ち上げ浮かせながら調節します
何をしているかというと、足の長さを揃えるためです
あわよくば自立したい(重心的に無理だけど)

これで付け根部分に肉の無い状態でダボ穴ができました
固まったら今度はつま先の開き具合を決めて隙間に粘土を詰めます(足側にくっつける)
乾いたらはみ出た部分をそいで出来上がりです

4-04.jpg

図は伝わりやすいようオーバーに描いています


後から考えたら
丸プラ棒ではなく角プラ棒を使って足の長さ合わせと開いた角度合わせを一発で行った方が良かったのかもと思いました
今回のはアバウトな造りなのでこれで良いのですが、もっときっちりしないといけない形状での継ぎ目だと後から回転ズレしてしまうのは良くないですよね




磁石を埋め込む


今回表面仕上げも終わろうかと言う頃に突然足に磁石を埋め込みだします、無計画ですね
最初から少し考えがあったのですが、磁石を埋めるには少し足が小さい気がして躊躇していてそのまま放置していました
しかし表面仕上げ中に表面が固くなったことで最悪割れたら修繕してまた固くすればいいじゃない、と楽観的になって挑戦しました

磁石は100円ショップのものです

4-05.jpg

よく行く店では文具のコーナーにありました

足裏にドリルで穴を空け、エポパテを少しいれて磁石を押し込み、表面もエポパテで埋めました
磁力に負けない食いつきと堅さをと思い、粘土ではなくエポパテを選びました

怖いので完全に乾くまで足同士を近づけたり金属を近づけたりしないようにしました
(ビビりまくりだったので)
乾いたら盛り上がった足裏を平らに削ります
今回ここは技術不足で平面を出せなかったので安定感が不足しました

この磁石は印がないのでどっちがNだかSだかわかりませんが、磁石同士をくっつけて向きを確認し、上下向き両足で同じ極が揃うように仕込みました
結構強力で、脚だけ机に置いて近づけるともう片方が逃げていきます

このころは下に鉄を敷けば何とかなるだろうと思っていました
(実際これで立つんだけどゆっくり押していくと角度によっては磁力が負けてボキっと倒れる感じではなく、足裏の歪みからコテンと倒れる感じになりました)

土台の裏側にも磁石を用意して挟み込むようにするととても安定しました
4-06.jpg

この写真は磁石を入れる前でまだ底に厚みがたっぷりありますが、後に平面を出そうとして消えていきます……



記事内ジャンプ
手方面
足方面



コンテンツトップ

ブログトップ



OK キャンセル 確認 その他