2012/07/21(土)楽なものにはなんとやら(後編)

Sakak Rydell「言うは易し、にも程があるというものだ」


「おいおい、マジかよ?」
報告後に話を聞いた俺の第一声はそれだった。

「ガレンテのジャンプゲートへ飛び、破壊するのだ。」
「ゲートはどんどん強化されている途中で、破壊するのも一苦労、放っておけばもっと壊しにくくなる。」

そりゃわかるさ。

「敵戦力はカルダリ海軍と別のエリアで大きな戦闘に取られているはずなので、今しかない。」

それもわかるさ。

「ジャンプゲートがダウンすれば、相手は増援を絶たれる上に退路も失う事になるわけだ。」

それだってわかるさ。
それが出来れば大勝利だ。
問題は、それを俺一人がやる事だろうよ。

「サカック君、君には期待しているわけだよ。」
それは完遂する能力があるであろう期待ではない。単にそれでも断れないんタイプだろうという期待だ。
それも、わかってるさ。

実際、先刻俺が協力を求めに行くぐらいだからここには戦力がない、海軍は大規模戦闘という名の陽動でいっぱいいっぱい、俺が行かなければ増援も到着するだろう。そうなってから俺が向かっても増援と鉢合わせてゲートの破壊もままならない。そうなれば泥沼化は必至だ。
一秒でも早く到達できれば可能性があるというのは俺にもわかっている。
わかってしまうということは損な事だ。

しまった、目が合った。
そうだ、社長は決断する生き物だったな。
「…報酬を上積みして待っていろ。」
ウダウダ言っている間にすでにデッキに足を向けていた俺は、すぐさまステーションを後にした。

どうせ行くんだ、早いほうがいい。



嫌な事は早く終わらせたい。
だが、嫌な事はずっと手をつけたくない。
だが俺は、本当に手がつけられなくなるのは嫌いだ。
なんとでもなるものを、手をつけずに先延ばしするのが好きな怠け者なだけだ。
だから今は、これを片付けるとしよう。

自分に言い聞かせるようにつまらない屁理屈を並べているうちに、目的の宙域に到着した。
もう見たくなかったんだがな。

だが、以前と露骨に違う事が二つある。
一つはゲートがはっきりと強化されている事だ。
見た目は全く変わらないがな。
なら何故判るって?それが二つめだ。
二つめは…

まっかっか.jpg

前回転送できなかったはずの巡洋艦クラスを含めた敵艦隊がお出迎えしてくれているからさ。
「シグナルオールレッド、当然ですね。軍の巡洋艦が3隻、その他小型艦は数えるのを辞めましょう。」

さて…この状況、何から片付ければいい?
「とりあえず、突っ切って4つは落とす。それまでの防御は預ける。後は一直線にゲートに向かうぞ。」
「突っ切った後はターゲティングコントロールを預けてください。適当にやります。」
よし決定。

一瞬の作戦会議が終了し、猛スピードで正面突破を試みる。
まさかの突撃に面食らう小型艦を次々ロックし、ぶっ放す。
めったに使わないミサイル艦だったが、これはこれで役に立つものだ。
巡洋艦では捉えきれず、小型艦は数の多さから相打ちしようという奴などいない。落ち着いて狙えるスピードでもない。いくら数的優位といっても、まだ相手のフォーメーションが決まってもいないとりあえず程度の迎撃で撃沈させる事など出来ない。
敵だらけの中、俺たちは思ったほどの損害を受けていない。それがまた相手の混乱を誘う。
今の所いいスパイラルだ。

予定より2隻多い6隻のフリゲートを沈め、まっすぐにゲートに向かう。
相手は急反転を余儀なくされる。さっきの突破が上手くいく程度の相手が一糸乱れぬ反転追撃を行えるわけもなく、少しずつ速度差でバラけながらついて来る。
相手に背を向けつつ、お嬢様が選んでくれた適切な射程の武器をターゲットに打ち込む追いかけっこが始まった。
これはたまらない.jpg


小型艦は傭兵なのだろうか、いまいち統率が取れていない連中だ。あれだけいたフリゲートは壊滅。ゲートまではもう少し距離がある。
巡洋艦は一隻がどさくさ紛れに大破、残りはまだ射程圏外だ。こっちの方が足があるぶん追いつかれる事も無いが、ゲートを攻撃している間に到達されるとやっかいだ。ゲートの耐久次第か。

「あらあら…来ます。」
「何が。」
「見ての通りです。」

増援か…
ゲート側に敵が現れる。小型艦ばかりではあるが、全部を無視してゲートを破壊も無理だろう。
交戦していれば巡洋艦も到着する。

ああ、スマートじゃない。全然スマートじゃない。
でもこれしかない。

「全滅させるか。」

おかしい、最大級に楽な仕事だったはずなのにな…


到達までの時間が少しあった分、シールドの回復も間に合った為、小型艦との戦闘そのものに苦労する事は無かった。
思ったより早く片付けたせいで巡洋艦はまだ遠くだ。

「わかるか?俺は楽がしたい。」
「では予定変更で、やられたらその時に考えましょう。」

察しがいいのは本当に助かる。
俺は、巡洋艦を待たずにゲートだけを破壊する事にした。
もうやる事は一つ、ひたすら弾を撃つだけだ。
一応、ゲートを間に挟むように展開しておいたので、幾分時間は稼げるだろう。
全速力で向かってくる巡洋艦にビビりながら、延々ミサイルとアンチマター弾を撃ち込み続ける。
既に巡洋艦は射程距離に入りつつあったようで、せっかく挟んだゲートの隙間を縫って撃ってきやがった。なかなかの度胸と精度だ。
軍人魂と、俺の怠け者魂がぶつかり合う。

どうやら、今回は怠け者の勝ちのようだ。
ゲートの爆発に紛れて即座にワープドライブを起動。始めから目標地点に頭を向けておいた分、向こうから見たらゲートと一緒にふっとんだように見えるかもしれないな。


「マジで疲れた。」

げんなりした俺を迎えてくれたエージェントは俺とは逆に、異様にテンションが高かった。
つまりはなんだ?

海軍と交戦中だったガレンテ艦隊が敗走、その際指揮型巡洋戦艦を捕獲したらしい。
大戦果だな、だが俺には関係ない。
ところがだ、事のいきさつを海軍が知ってしまっているようなんだな。
ある種今回の戦果は俺のおかげといってもいい、らしい。
だが、別に俺個人の事を知っているわけではないので、つまりはあれだ、ここのステーションの管理連中とこのエージェントの手柄って事だ。
ここにとっては今後、海軍との交渉ごとにはオイシイ材料になったな。
かといって、それすらもニュースで流れることは無いだろう。こういう事を公表すれば全面戦争にだってなりかねない。

誰の手柄でも、真相は闇の中。そして俺の懐が暖まるわけでもない。
そもそも、楽をしたかった成れの果てなので、手柄が欲しいわけでもない。
しかし、エージェントは俺の事を闇に隠れた英雄扱いでヨイショしてくれている、現金なものだ。

…まあ、乗っかっておくのも悪くない。
その日はしこたまいいものを食わせて貰い、翌日ステーションを後にした。


しかしとことん楽をしたかったのに、とことんしんどい仕事をしてしまった。
後日我に返った俺は、終わったはずの英雄の仕事の面倒さに改めてぶつくさいいながら、別のステーションで海軍がらみの仕事を請けた。
俺を見て何かに気づいたようなそぶりを見せた後、そのエージェントのお姉さんの対応が妙に優しかった。

…まあ、大仕事も悪くないかもな。
単純なことは、幸せな事だ。

2012/07/14(土)偶然…?だよ…ね?

FUNスクラッチ
今までずっと、グラインダー、シンセサイザー、たまにメセタ増加って感じで当たりっぽいものはオールバックが1個出ただけだった、何十回も引いたのに!

今日、シップ06のアカウントをプレミアムにしてみた
5回引いてメイドカチューシャx2、家具類x2、グラインダーx1

偶然偶然…

2012/07/04(水)正式サービス開始

今日から正式サービス開始

マップ追加、レベルキャップ開放、有料アイテム・サービス開始。
シップの並び順が逆になったので混んでいる01が一番下に。

キャラクタ追加サービスが使える分、シップ01の人が他のシップに避難してちょっと余裕が。
…と思ったら全然開いてません、作ったキャラを消すためのログインすら出来ないのね。
こんざつ.png

夜中に消すかあ。

自分こそが別シップにキャラ増やしたらいいんじゃないのってのもあるんだけど、なんだろう、違うアカウント作ってそっちで課金しようかなともちょっと思ったり思わなかったりするので。

FEZかパンヤでもしながら空く時間帯を待つかなあ。

2012/07/01(日)楽なものにはなんとやら(中編)

Sakak Rydell「猫の仔一匹いなければ、俺は誰の手を借りればいい?」



「ガレンテ?ここに?冗談だろう。」

俺の報告を受けたエージェントはさすがに驚いていたようだ。
そりゃあそうだ、単なる海賊風情やテロリストではない、まさかの敵国軍隊だ。
勿論、おおっぴらに交戦状態なわけでないエリアに敵国が侵入してきて何かするなんてことは普通に起こりえるわけだが、まさかこんなご近所でそんな事を、という所だろう。
人間、自分だけは事故に会わないと思いがちなものだ。

奥に引っ込んだエージェントは対策会議でもやるのかと思いきや、すぐに戻ってきた。
ショーの録画をセットしていたらしい、よほど大事なショーなのか、若干内容が気になったが話が長引くのも面倒だ。ここは黙っておこう。

エージェントは淀みなく言った。
「恐らくガレンテは既に別の部隊を展開しているはずだ。ゲートの護衛部隊と本体の両方を相手に戦うことは戦力的にも位置的にも不可能だ。私が海軍への要請を取り付けるので、ゲート側のかく乱をして欲しい。」

ふむ、案外優秀だな。
しかし、次に向かえばそれなりの部隊が待ち構えているに違いない。
結構な自殺行為になるが…

目が合った。

「安心したまえ、君には直接ゲートに向かわず、インタキシンジゲートを目指して欲しい。彼らは私に借りがあるからな、彼らの基地へ行って支援を取り付けてくれ。」

察して貰えたらしい。


「交渉の手段は問わない。」


…コネを使うのはかまわないが使い方は自分で考えろ、か。
まあ、一人で戦うよりよほどいい。
しかし急がなくては、ガレンテの部隊がどれぐらい進入しているかもはっきりとわからないが、さらに追加が来られてもたまらない。
今回は時間との戦いのような気がする。
俺は慌ててステーションを飛び出した。

シンジゲートの支配エリアに跳ぶ間に、どう交渉するか考えるかな…
まあ、手近な所に相談してみよう。

「なあ、どうしたらいいと思うよ?」
「私がわかるわけがありません。」

おやおや、即答だよ。

「我々にはインタキシンジゲートに関する独自データの蓄積がありません。ネットワークで調べられる程度の情報ではエージェントの言う貸しも詳しい内容がわかりません。そもそも人間同士の交渉に関する有効な手段を私が提案できるとは思いませんし。」

あー、もういいってわかったって。

「ただ一つだけ言えることがあります。」
「なんだ?」

「今回は、貴方の得意な出たトコ勝負だと考えます。」
褒めたのかバカにしたのか、ハッキリさせると自分がヘコみそうなので黙っておいた。

そうこうしているうちに、たどり着いたが、そこにはとても残念な光景が広がっていた。



確かにそこに基地はあった。
廃墟と化した基地が。

これは…こっちのやり方を読まれていたのか。まあ読むも何も、ただのカプセラが偵察に来て色々知ったら、本人だけで叩きに来るとは思わないだろうから、周囲の支援を求める以外方法がないわな。
この分では、コネがあろうがなかろうが、付近の有力な組織は大体やられているのだろう。なんだか申し訳ないな。

生存者の反応があったので、軽く救助にあたる。
おかしい、俺は助けを求めてここにきたんだがな。

生存者曰く、やはりここを襲ったのもガレンテ艦だったようだ。
これは益々、時間との戦いとなってきたぞ…
帰るまでに海軍の準備が出来ていればいいが。
そしてその海軍から1,2隻都合してくれればありがたいが。

さて、どうなる事か。
帰りのジャンプ中、二人だけの作戦会議が行われた。
結論はこうだ。

「結局、出たトコ勝負でしょう。」

作戦でもなんでもなかった。
OK キャンセル 確認 その他