2012/05/12(土)そして新しい船を買う事に

新しいお嬢様の装いは、ソーラックス!
ソーラックス.jpg

もう、財布がすっからかん。








Sakak Rydell「幸せの象徴とされた鳥は、はたして自身も幸せなのだろうか?」

依頼人は突然問うた。
「アチュラホワイトソングバードを知っているか?」

バード?鳥?あのぱたぱた飛んでるやつか?
シップで過ごす時間が長いほど働き者と思われる俺たちカプセラにはあまりなじみが無いものだ。かといって、俺が働き者かというとそうでもないが。
まあ、野鳥愛好家でもないので、まったく知らん。ホワイトソングというからには、白くて鳴き声がきれいなのだろう。
だからといって、興味が沸くほどでもなかった。

「知らんから、資料をくれ。」

向こうもその方が話が早いと思ったのか、すぐに用意してくれた。
幸せの白い鳥.jpg

アチュラホワイトソングバードは、サイシオⅡの山に生息する珍しい鳥だそうだ。
アチュラでは神聖な存在とされていて、旧アチュラ政府の残党がこの鳥のつがいをカルダリ連合に贈ったのだそうだ。
惑星外でも生息できるよう、遺伝子操作されているらしいが、神聖な鳥を遺伝子操作とか、よくわからんな。
とにかくその鳥が強奪されたらしい。それは旧アチュラの連中にも顔がたたんか。

強奪したのはガレンテの環境テロリスト、わざわざ声明まで発表してきたらしい。

まあ、声明を要約するとこうだ。
「環境を破壊しつくして成長してきたカルダリ連合がこの希少な鳥を大事にできるわけ無いだろう。」
まあ、もうちょっとごちゃごちゃ言っているようだが、こんなところで充分だ。
ガレンテが環境をそこまで大事にしてきたようにも思えない、俺はガレンテから来たからそう思うわけだが、この手口でこの声明は少し恥ずかしいな。

依頼人はさぞ腹が立っているのか、鼻息荒く言う。
「ガレンテを追いかけるのに口実などいらぬだろうが、こいつらは連邦海軍よりも価値が無い。」
怖い怖い、俺もガレンテなんだがと言うツッコミはよしておこう。

まあ、ガレンテだろうがなんだろうが、強奪はいかんよ、強奪は。
とはいえ、よくわからない大義名分をかざしているのに長生きできる連中は、大抵後ろに何かがいるものだ。
おそらく直接手を出せないガレンテの軍なりなんなりの支援を受けているのだろう。
向こうも向こうで、どうせ矢面に出てくるのは依頼を受けたカプセラであろうから、恨みっこなしだ。
ただの強盗なんだったらそれはそれで遠慮もいらんだろう。
割と詳細な位置データまで持たされて、俺は現場に向かった。

そこにはボロい…いや、太古のアクセラレーションゲートと、環境テロとやらの船が見えた。
見えた気がした。

気がした、というのは、それが一瞬だったからだ。

ワープしたのだろう、俺はそのゲートで後を追った。
追ったつもりだった。

だが太古の門番は俺を通してくれる気がなかった。
どうやらこの年代もののゲートでは巡洋艦の質量を飛ばせないようだ。
財布の中身を無重力にしてくれたソーラックスも万能ではないな。

いたしかたない、門番に気に入って貰えるよう、お嬢様の身なりを整えてくるか。

ユイトラに戻り、とりあえずハンガーで埃をかぶっていたマーリンを引き出してデータを転送する。
気の小さい俺としては、フル装備の、それにもう一回り大きいコーモラントかカタリスト辺りでしっかり準備したいところだがなにせ時間が無い、まあ先日のアレで、金もない。
装備もありあわせのレールガンは口径も弾薬もバラバラで頼りないが、ミサイルランチャーが残っていてくれたのはラッキーだな。
この前使いもしないのに特売だからと買っておいたインフェルノミサイルも思わぬところで役に立ちそうだ。

俺たちはそれ相応のナリに着替え、パーティー会場へ向かった。


ご丁寧に場内アナウンスか。
「おや悪いね、わが小さき友らの事を注意しておくべきだったな。」
そう言って主は奥に引っ込んでしまった。

小さき友ら、か…確かに小さい。
大量の小型ドローンがお出迎えだ。
まあ、アウェイのゲートに飛び込めば待ち伏せは当然だが、小さい船小口径の武装が飛び込んでくるのがわかっているのに小型ドローンとは、無駄な事をするものだ。
やられる為に接待してくれるのか、やられる事が接待なのか。いかんせん数が多い分、時間稼ぎにだけはなっていると思うが。

しかし、わかりきった結末。
急ごしらえの身支度でも問題ないものだ。
とはいえ、これで終わりではない、さっさと主に謁見を申し込むとしよう。

さて、奥には…
少し成長して大きくなったか?
フリゲートが数隻、さっきの奴は居ない。
ナメられたものだ、それとも、まだ時間を稼いで何かやらかす気か?
さっさと片付けておいて損はない。

回顧を中略できるぐらいあっさりと勝負はついた。
あまりに動きにキレがなかったからだ。もしかしたら、無人艦だったのかもしれない。
次へ行こう、そろそろ主には相手をしてもらわないとな。


そして、主はそこに居た。

「君には降伏するチャンスがあった。私は今、君を殺さねばなるまい。」
全く、その台詞、そっくりそのままお返しするぜ。


ん…いやちょっと待て。
まだ弾の届く距離じゃないだろう、何で撃ってくる。
この距離でもかすってるぞ、シールドブースターを回すぞ。

「既にアクティブにしてあります。敵艦は中型のタレットを搭載しているので射程距離が長いのは当然です。」
そういう話じゃなくて。
何でアイツは巡洋艦なんだよ、あのゲートじゃあ運べなかったろうに。

「正確な解答となるか不明ですが、ここで組み立てれば可能ではないでしょうか。」
ごもっとも。まさか、時間を稼いでいたのはこれを準備していたからか。

やっぱり急ごしらえの身支度だとなんともならん。
さっきとは180度違う事を考える。人というのは身勝手なものだ。

とは言っても、仕事はこなさなければならない。まあ無理でもせめて生き残らなくては。
遠くからゴリゴリ削られるだけではジリ貧だ。ここは無理に突っ込んででも詰めて行こう。
アフターバーナーを使うか。おっさんにこの加速はキツいんだがな…

シールドの8割と引き換えに30km近い距離をほぼゼロに詰めた時点で勝負は決まった。
いかに巡洋艦の火力が大きくても、すぐ傍を高速でうろつかれてはマトモに狙って撃つことは出来ない。
投降する気のない自称環境テロリストは、機体の7割も損壊しない間にさっさと脱出して逃げてしまった。

環境テロリストだけあって、鳥が入っていると思われるコンテナは厳重に封印されていた。これだと船が爆発しても鳥が無事そうだ。
しかし厳重すぎて、鳥が本当に入っているのかもわからないぐらいだ。
スキャンすると、中には生命反応が一つ。
もう片方はどうした。確か、つがいだと聞いている。もしや俺、やっちまったのか?

近辺を詳細にスキャンしたが、そういうよからぬ反応も、それを入れるべきコンテナの破片などもみあたらない。
そもそもこのコンテナが、元々二羽が一つのコンテナに入る設計になっているようだ。

中身だけ居なくなった?
もしかしたら、あの環境テロリストが持ち逃げしたのかもしれない。
だとしたら、まあしっかり育ててやってくれ。

その辺り報告したが、取り敢えずやむなし、ということで俺がペナルティを受ける事もなかった。
あとはこれを届けるだけだ。


マーリン.jpg

帰りのワープ中、うとうとしていた俺は、寂しい鳥の歌声を聴いたような気がした。



すまんな、うまくやれなかった。

2012/05/10(木)初めての撃沈

可愛い可愛いアービトレーターちゃんが撃沈された!しかもガリスタスごときに!
今は亡きアビ子ちゃん.jpg

調子に乗ってレベル2ミッションとか受けるからですねはい、わかります。




Sakak Rydell「女に金をかけると、かけた分だけいい女だと思いたくなるものだ」


「私には感情がありませんが、ここは恨み言の一つでも言う場面なのですよね?」
うむ、今回ばかりは幾らでも言っていいぞ。

「現場へのワープ距離をもっと遠めに取って様子を見るべきだったのでは?」
「味方が完全にワープするまで見届ける必要は無かったのでは?」
「ダメージコントロールのアクティブタイミングが遅すぎたのでは?」
「何より全て、事前に私が提案した事を無視したわけですよね?」

いや面目ない。
お嬢様の小言をBGMにトボトボ帰る俺は、とりあえず自身が無事である事を伝えるべく、先にトンズラこいた仲間に回線を繋いだ。

「こちらサカック。今ステーションに向かっている所だ。」
「こっちは何もしなかったからもう着いてるぜ。お前は無事に逃げ切れたか?」

「まあ、一応無事だから今話している。」
「どうした?ショボくれて。」

「アービトレーターがやられた。20,000,000 ISKがパァだ。」
そう、船体だけなら550万そこらの船だが、なんだかんだと金をかけていたからな。
ちなみに普段俺が一度の依頼でもらう報酬は、大体5万そこらだ。
多めの時は、何かのボーナスと敵さんにたまにかかっている賞金が上乗せされるがせいぜい20万もいかない。
元をとる前に撃沈されてしまった。


傷心の俺に返ってきた慰めの言葉はこうだ。

「ぶっ、ダサっ、ぷ…クク…わりぃわりぃ…ぷぷ…」
ツボに入ったらしい。まあ、こいつはこんな奴だ。
ヘコむのもバカらしくなってきた。

とりあえず協議の末、これは船を買いなおした程度で対処できる仕事ではないと判断した俺達は、申し訳ないがエージェントにその旨を伝えて仕事から降りた。
まあ、普段真面目にやっていたからか、かろうじて残っていたログから敵戦力を知る事が出来たからか、今回の件はたいしたお咎めも無く他のカプセラへの割り振りを行ってくれた。

俺は仲間と別れ、ポッドの中でこれからの事を考えていた。

「やりません」は得意だが「無理でした」はなかなか久しぶりだったな…
小心者の俺は無理な依頼をそもそも受けない。だが、その時は甘く見ていたようだ。



数時間前のこの選択が、そもそもの原因だった。

結構しんどい仕事だと聞かされていた依頼は拍子抜けだった。これが落とし穴だった。
同じエージェントが連続で次の仕事を振ってきたのだ。しかも同じ場所へだ。さほど問題ない、そう思った。

実際はそうでもなかったってわけさ。

それでも念のために他のカプセラを一人連れて行った。
さっきフリゲートの2、3隻しか見かけなかった宙域にたどり着いた俺たちを待っていたのは、大量の赤シグナルだった。
しかも、半分以上が巡洋艦クラスじゃないか。

こちらは巡洋艦が2隻、武装は対小型艦なわけで、完全にアテが外れた。
即仲間に退去するように告げた俺は、すかさず捨てドローンを射出した。
だが、索敵距離の長い敵艦はまっすぐ俺をロックしやがった。
仲間の退去を見届けた俺は続いてワープを試み…たはずだったのだが。
その距離から既に撃って来るとは、困ったやつらだ。

取り敢えず、あきらめた。
この船でいかに逃げ切るかではなく、取り敢えず死なずに帰る事に決めた。
その決定が早かった事は命を繋ぐ事になった。幾らクローンがあっても誰だって痛いのは嫌だ。



「…私は痛かったわけですけれど?」
ああ、声に出していたのか、俺は。
しかし、嫌味まで言えるようになるとは、うちのお嬢様は本来の使い道と違う成長度合いがずば抜けている。
まあ無限に近い成長容量だ、せっかくならこういうことに使うべきだと俺は思う。

小言モードがまだ続いていたのだった。
「まあ、悪かったって。かと言っていまさらあそこにサルベージしに行くわけには行かないだろう。」
「服の事など言っていません。命に関わる事だけは言うことを聞いていただきたいだけです。」


俺たち二人の間では船の事を服と呼んでいる。
仕事の内容によって船を乗り換えるが、システムは同じものを使っている。
場面に応じて、服を着替えるイメージということだ。
そして、宇宙は孤独だ。誰にも迷惑をかけずに独りではない気分になりたい時もある。
俺が船のシステムを人扱いするのはまあ、そういうことだ。
例え機械だろうが、苦楽を共にして成長する相棒なのだから。

まあ、苦楽とかいいながら苦を避けて通る俺と共に居るのだから、楽しい事が多いだろう?
今度は何を言われるかわかったもんじゃない、さすがに口には出さなかった。

「さて、次の装いを決めに、ジタにでも行こうか。」
「貴方の戦闘は雑なので、そろそろ堅めの服でお願いしたいところです」
「やれやれ、金のかかるお嬢様だ。」

これが楽しいのだから、俺も困ったものだ。

2012/05/02(水)失敗しても、いいじゃない

多分他の人から見ると、自分の遊び方はおそるべきローペースで進行してると思う
方向性とか決めてないし、やりたい事とかいわれてもその日の思いつきだし

まあ効率が悪いということは、長く楽しめるということかもしれないし
だいたい、これ1個分で、ミッション1回2回とかそんなんだもんね
んで、いつもの



Sakak Rydell
「魚は逃したほうが大きく思えるものさ」

亡霊達の接待

まあ、これは暇つぶしと言うものだ。
いや、むしろこれ自体が暇ともいえる、少なくとも、俺にとっては。

細かい作業は得意ではないのだがな。
じゃあ何が得意かと聞かれて答えられる要素がない。困ったものだ。

いい加減、特定しきれないシグネチャを追いかけるパズルにやや飽きてきたが、かといってここで中断するのは勿体無い。
勿体無いと言って更なる徒労を選ぶのは貧乏性だからか、と笑いながら一息入れようと思った途端、その場所は特定された。
飲み損ねた。これはあれか、なんとかの法則とかそういうやつなのか。

見つけたからには行かねばならない。
その場所が、俺に来て欲しいから見つかったのだ。俺に出来る程度の事なら、願いは叶えてやらなければならない。
まあ、危ない所ならごめんなさいして逃げればいい、逃げる暇があれば、だが。



それなりに、危ない所のようだ。
ワープバブルが崩壊する100km前には赤いシグナルが点灯していた。
ドローンらしき機体がいるわいるわ。だが付近に艦船はいないようだ。
が、形跡ならある。ワープ跡が薄く広く、これは相当デカい艦が動いた跡だ。だがそれがどこに行ったかなど、俺のポンコツお嬢様の装備でトレースできるわけも無い。
まあ、お嬢様が貴婦人になっても手がかりが少なすぎて無理だろうな。

ああ、悪い癖だ。
すぐに考えても無駄な事を延々考えてしまって、今すぐ考えるべきことをほったらかしていた。
妄想中にすっかりドローンに囲まれてしまった。このドローンは去った艦のものだろうか…いかんまただ、それどころではない。

得意でもない戦闘を強いられるわけだが、まあ世の中にはそれでもなんとかなる事もあるようだ。
ラッキーな事に、固体ごとの性能は高くないようで、徐々に数を減らしていけている。

しばらくの後。

嵐は去った。
もう何も無い。

ここに何も無いのなら、彼らは番人ですらない。何のためにこんなにいたのか。どうして俺を呼んだのか。
ただ来て欲しかっただけなのか、では今のはおもてなし、とう事か。
アンチマター弾を撒き散らす客をもてなしてくれた住人はその役目を終えて眠りに付いた。

住人を拾い上げるべく、サルベージャを起動した俺は、いややはり実は何かがあるのではという妄想に狩られ、カーゴを覗いた。
何の変哲も無い、破損した部品たち。所詮妄想は妄想か。

まあ念のため、お嬢様にも聞いてみよう、戦闘中のデータログをぼーっと眺める。
こういうものは細かく見ていくと大切な形を見失う。森の中からでは森の形がわからないのと同じようなものだ。

…このログのシグナルが途切れ途切れなのは何だ。
受信タイミングと俺達の位置関係、これは、指向性だからか。これはナイスヒント。
同じ方向に艦を向け、何度か指向性スキャンをかける。

ビンゴだ。妄想すれば叶うもんだ。

しかし、すでに手厚いもてなしを受けた後の俺達は、とりあえず出直すしかなかった。


お嬢様の身なりを整え、お互い腹いっぱいになった所でそろそろ追いかけよう。
彼らの主人はそこに居るのかどうか。

ワープバブル崩壊まで後50km…すでに接待確定のシグナル赤。
艦船は…無しか。またローグドローンのみ…って多いぜ、多すぎる。
まあ、まだ遥か先だ、順番に相手していけばなんとか…なるかどうか。

今回はワープ跡も無い、そこには多数の大型天文プローブ、そして廃棄された超大型のドック。
プローブの信号で擬似ジャミング状態だ。そうとう時間をかけて調査しないと無理そうだ。
見た目、巨大基地の跡ともいえるが、なぜ天文プローブなのか、明らかに海賊の住処とかとはタイプが違う。
ドローンが使うわけも無い、とするとこれは…

ああ、またやってしまった、悪い癖は抜けないものだ。
おかげさまで順番にどころか、すっかり皆様お近くにおいでで。
もうのんきな事を言ってられない。前より遥かに手厚い接待だ。
お嬢様の頑丈なスカートもここまでビームを食らえばあっさりめくられてしまう。このままでは30秒と持たずに丸裸だ、これはいかん。
慌てたせいか、カーゴの中身もぶちまけてしまって身軽になったのが功を奏したのか、なんとかワープすることができた。
俺の妄想のせいでぼろぼろになったお嬢様に謝って、身なりを整え再度の訪問。


しかしそこには、何も無かった。


ドローンも、ドックも、プローブも。
幽霊だったのか、役目を終えて去ったのか、むしろただの夢だったのか、いまだ妄想の中なのか。

もっとしっかり調査できていれば、色々な発見があったのだろう。
いや、あったかもしれないだけだ。
カーゴの中身を全部ぶちまけてしまったから、今回は本当の収穫無し。
戦闘ログと一瞬の映像と俺の記憶、何の証明にもならない程度の内容と…


結構な額の請求書。


俺のせいとはいえ、お嬢様の身支度には本当に金がかかる。

いや、考えようによってはけっこうなお宝をもらってしまったか。
俺とお嬢様のわずかな記憶の景色で何日妄想できるだろうか。

とりあえず第一弾の妄想はこうだ。
大型艦がいたであろうドックからして、多数の人間を乗せた艦があっただろう。
かといって、セントリーガン等の設備や戦闘艦船用のドックはなかった。あの巨大ドックもどうみても巨大戦艦の武装をどうにかするというような設備では無かった。
超巨大ドローン母艦という可能性は否めないが、他の武装が全く無いというのは考えづらい。

艦がもし、まだ見ぬ領域への移民船のようなものであれば、天文プローブだらけだったのも、まあ理由が付く。
そうであった場合、どこの誰か、それはわからない。
俺達の知らない種族が居たのかもしれない。
世の中には袖触れ合わない人の方が遥かに多いのだから、居ても不思議は無い。
まあ、妄想だから気持ちよく妄想したいじゃないか、これぐらい壮大なほうがいい。

わからずじまいは無限の妄想の種だ。
だが無限のお宝も無い事を実感すれば本当に無くなってしまう。たまには現実の存在を実感しなくてはいけない。
そろそろ一度、実感しないといけない、懐事情という悲しい現実もあるからな。
その為にも、次は何か、見つけないと。


しっかし、くどいようだが現実の収穫は何もなしだ。
貧乏性の俺は、最初の番人をせこせことサルベージまでしてたのに。
これといった実入りもなさげだったし、せめてジャンクだけでもと。
かける時間の割に儲からない事をやりたがる割には、結構セコい。自覚はある。

まあそれも結局、ぶちまけてしまったからな、すっからかんだ。あの景色と一緒に消えちまった。
一緒に…?消えた?

ん…?
あ…

ああ!
俺は、そのために呼ばれたのかもしれない。

幻の宴場.jpg

OK キャンセル 確認 その他